店舗デザインを任された自分が意識したこと

実績が豊富なプロの助言で正式に設計を依頼

高品質な店舗デザイン・店舗内装は株式会社エイケー売上に結びつく店舗内装デザイン

設計のプロにアドバイザーを依頼店舗の魅力をアップするノウハウは大きなメリット実績が豊富なプロの助言で正式に設計を依頼

特に店舗の設計はアピールしたい点を前面に押し出すテクニックが大切です。
とはいえ、店舗デザインの素人である自分は、そのようなテクニックを持ち合わせていません。
アートの感性には自信がありましたが、それだけでは不十分であり、訪れた人の動線を予測することなども求められます。
お客がどのように動くかイメージすることは簡単ではありません。
ですから既存の店舗を訪れて、実際にどのような流れが起こっているのか確かめました。
やはり例外的な動線を選ぶ人もいたので、自分の目で確かめて良かったと思っています。
それらを踏まえたうえで多くの人に買物をしたいと感じさせるには、やはり実績が豊富な設計のプロに助言を求めるのが賢い選択です。
単なるレイアウトに留まらず、ディスプレイなどの特殊効果まで視野に入れてくれるところだったので安心できました。
もちろん主導で進めていくのは自分なので勉強する姿勢を持つことも大切です。
企業が用意してくれた事例の資料を参考にしつつ、インターネットも利用して意欲的に学習しました。
最終的に正式な設計を依頼した相手は、それまでアドバイスを頼んでいた上記のプロです。
それまでのやりとりで信頼できると確信したからです。